本文へジャンプ
11:三島


2011.10.13  2012.5.24
三島〜沼津

箱根関所を無事通過し、頑張って箱根の難所越えを何とか歩き通した喜びと解放感で、女郎衆を呼んでどんチャン騒ぎをしたのが三島宿だそうです。

三島女郎衆は の〜え〜♪

なるほど!

箱根越えで苦労した私には、何となく分かる気がします。



三島からは、やっと平らな平地を歩ける有難さが・・・!

楽しくはないけど、山道に比べると、とにかく平地は歩くのが楽チンです!


浮世絵の
青い鳥居は、三島大社で、朝、箱根越えに向かう駕籠と馬です。


三島は湧水の町で、下の写真の様に、湧水が至るところにあり、気持ちが良いです。














三島に来たら、やはり
三島大社に寄らないと!

でも、三島大社の近くで道に迷ってしまい、iPad2の地図検索をしていると、おじいさんが近寄って来て、
”便利な世の中になったもんですな〜”
としきりに感心して話しかけてきました。





三島は、源頼朝が源氏の再興を祈願した三島大社の門前町として、また、箱根関所を控えた宿場町として栄えました。






写真は、三島大社の境内にある頼朝と政子が腰掛けた石だということですが、歴史講師の先生の説明だと、ウソっぽい、とのこと。







三島大社でお参りして三島宿をスタートします。






三島から沼津へは、ほぼ直線の一本道で、歩道が狭くて歩きにくいところが多いです。



JR三島駅に着くと、早速、寿司屋に飛び込んで、生ビールと1500円の近海物の握り鮨を注文します。

ネタが大きくて、シャリが見えません!この辺りの魚は、沼津港から直送だそうです。

新鮮で旨い〜!






10-2: 箱根西坂 へ

12: 沼津 へ
                          00: 目次へ戻る