本文へジャンプ
22:藤枝

2011.10.28  2012.9.15
浮世絵は、問屋場と呼ばれた人馬の中継所です。

江戸時代には、人や荷物を運ぶ人馬については、宿場毎に、人馬を入れ替えて、前の宿場からの人や荷物を引き継いでいました。



藤枝は、高校サッカーで有名なあの”藤枝”です。

藤枝宿は、現在、街道沿いに、綺麗な2キロもの長い商店街として残っています。

実に長〜い素敵な商店街です。

行けども行けども商店街という感じで、東京でもこんなに長い商店街は少ないです。

しかも、お茶屋、染物屋、椎茸屋の様な歴史を感じさせるお店も点在して、これだけ店の数が多いと何でも揃う、という感じです。


藤枝宿は、田中城の城下町として栄えました。

田中城は、
徳川家康がこの城で食べた鯛のてんぷらに当り、それが原因で亡くなったことで有名です。


本陣は、右の写真の様に八百屋になっており、何も残っていません。







・瀬戸の染飯
右下の写真は、江戸時代から売られている藤枝駅前の
「喜久屋」の”瀬戸の染飯(そめいい)”弁当です。

おむすびが黄色いのは、もち米を”くちなし”で染めてあるからだそうです。

くちなしの実には、肝臓や疲れを治す効果があり、腹持ちも良いため、江戸時代の旅人には保存食として利用されていたそうです。

弥次さんと喜多さんも食べ、葛飾北斎も描いているそうです。


・久遠の松

街道の左手の大慶寺には、写真の久遠(くおん)の松があります。

日蓮上人のお手植えで、樹齢750年・高さ26m・周囲7mのクロマツですが、見事な枝ぶりですよね!
























一里塚跡
長い商店街を抜けて瀬戸川を渡ると、すぐ右のフェンスの中に右の写真の一里塚跡があります。


本日の予定の島田宿まで未だ9キロもあり、途中で日没になるのでは・・・、
と遺跡見物も気もそぞろになってきました。





藤枝宿を抜けて、瀬戸川を渡り国道1号を進みますが、案の定、写真の様に、日没です・・・。

島田宿まで行くのはあきらめて、取り敢えず、一番近くのJRの駅を目指します。

六合という聞いたことのないJRの駅に着きました。

万歩計は
4万8千歩を示しています。

本日はこの六合駅から、静岡、熱海で二回乗り換えて横浜へ帰ります。

次回は、この六合駅からスタートします。


藤枝宿から島田宿まで約9キロです。

(但し、藤枝宿から六合駅までは、約7キロです。)








21:岡部 へ

23:島田 へ
                        00:目次へ戻る