本文へジャンプ
30-1:舞阪


2012.12.112012.9.16
旧東海道を先へ進むに従い、横浜から東海道線で往復する電車賃が、段々と高くなってきました。

そこで、船橋在住・原人(げんじん)様のアドバイスに従い、今回から「青春18きっぷ」を利用して出掛けます。

(5枚で11,500円、有効期間:12/10〜1/10)

横浜駅を早朝6:30に出発、熱海、静岡、浜松と3回乗り換え、11:00に前回の続きのJR舞阪駅をスタートします。

この時期、昼間で晴れてはいても、風が冷たいです。

JR舞阪駅を出ると、すぐに舞阪の松並木が始まります。

旧東海道の面影を良く残す並木が340本、700メートルの続く見事な松並木です!


東海道の松並木ランキングです!

第一位:御油、 第二位:舞阪、 第三位:大磯

これまでに見た松並木の中では最高です!

冬晴れの下、快適なウォーキングです!

更に、少し歩くと、写真の舞阪宿の茗荷(みょうが)屋脇本陣がありました。

この脇本陣は、東海道の脇本陣では、唯一の現存する遺構です。

この脇本陣は、明治に入り町役場としてそのまま使用され、その後、個人の病院となっていたのを、解体・復元し、平成9年に一般公開したそうです。

内部を無料で案内してくれます。

案内の人の話では、解体・復元に、2億6千万円かかったそうです。





(JR 舞阪駅)











(脇本陣)

(脇本陣の上段の間)



茗荷脇本陣
のおばさんの以下の説明が面白かったです。

今でも、舞阪の人は、対岸の人とは結婚しないそうです。

これは、
江戸時代は、対岸の隣村に行くのに、パスポート(通行手形)が必要だったからだそうです。

しかも、
通行手形は、30キロも手前の磐田まで貰いに行かなければなりません。

これにより、江戸時代になってから、
両岸の人的交流が全く無くなりました。

このため、
言葉や食べ物の、関西と関東の境目になっていて、隣村同士で言葉が通じないそうです。

そうか!

関西と関東の境目はここなんだ!








脇本陣の直ぐ先は、もう浜名湖に面した舞阪港で、当時の北雁木(きたがんげ)の船着き場跡がありました。

舞阪港には、遠州灘で獲れた魚と、浜名湖で獲れた魚の両方が集まるそうです。

浮世絵鰻取りの小舟だそうです。



この港の端の赤い弁天橋を渡り、この舞阪宿と次の新居宿の中間に位置する弁天島へ向かいます。

(北雁木)



29:浜松 へ

30-2:浜名湖 へ
                  00:目次へ戻る