本文へジャンプ
30-2:浜名湖


2011.12.11   

舞阪宿の脇本陣を出るとと、直ぐに浜名湖です。

江戸時代は、この舞阪宿から次の新居宿へは、舟渡しだったそうです。

現在は、舟渡しが無いので、船着き場跡から先の旧東海道は途切れています。

従って、舞阪宿の船着き場跡から新居宿までは、浜名湖を横切る国道1号の横の専用歩道橋を歩いて、弁天島を経由して、新居宿へ向かいます。








(右側が専用歩道橋)


東海道中膝栗毛」には、舞阪宿から新居宿へ乗合い舟の「今切(いまぎれ)の渡し」の話が出て来ます。

蛇使い”の見世物をしているオヤジの蛇が、舟の中で逃げ出してしまい、舟の中は大騒ぎとなります。

喜多さんは、脇差しを鞘ごと抜いて、その先で蛇の頭を抑えると、蛇は脇差しにぐるぐると巻きついてきます。

喜多さんは、蛇を海へ放り投げようとして、手が滑り、
蛇と一緒に、脇差しも海へ投げ捨ててしまいます。

蛇は、海中に沈んでいきましたが、
脇差しは、実は”竹光(たけみつ)”だったので、ぷかぷか浮いて流れていきます。

すると、蛇を捨てられたオヤジは、
腹いせに、”わしは、この年になるが、脇差しが水に浮いて流れるのは初めて見た。”とからかいます。

言われて頭に血がのぼった
喜多さんが、オヤジにつかみかかった時に、舟は新居宿の船着き場に着きます。






写真は弁財天の沖の鳥居です。

弁天島はリゾート的な観光地で、海岸にホテルのビルが建ち並びますが、シーズンオフのせいか、人影はあまりありません。


舞阪宿と次の新居宿の間の海を、今切(いまぎれ)と呼ぶそうです。

昔は、浜名湖は、海と切れた淡水湖でしたが、大地震と大津波により、淡水湖と海がつながってしまい、そのつながった場所を今切(いまぎれ)と呼ぶ様になったそうです。


陸続きが、切れてしまった江戸時代は、先程の舞阪宿の北雁木の船着き場から、次の新居宿の船着き場(新居宿の関所)まで、1里(約4キロ)を、舟で渡ったそうです。

渡し舟は、次の新居の関所の前に到着し、旅人は舟から下りると、そのまま関所に入らないといけなかったそうです。


舞阪宿から新居宿まで約6キロです。


(弁財天の鳥居)


30-1:舞阪 へ

31: 新居 へ
                     00:目次へ戻る