本文へジャンプ
39:知立宿


2011.12.30   2012..11.3

バスは、8時に横浜を出発し、第二東名に入り、車中でのお昼の弁当を食べ終わった頃に、知立の町に着きました。


旧東海道を外れ、北の方角へから1キロ程寄り道して、
無量寿寺八橋かきつばた園へ向かいます。


三河八橋は、昔から、5月に開花する”かきつばた”の名勝地として知られていたそうです。

平安時代の歌人・在原業平が、東国に赴任するにあたり、当地に立ち寄った際、かきつばたの花を見て、京に残してきた”かきつばた”の文字を句頭に入れて詠んだことで有名です!

)らごろも 
)つつなれにし
)つましあれば
)るばるきぬる
)びおしぞおもう


(着古した着物の様に、長年連れ添ってきた妻を都に残して来たので、はるばる来たこの旅がいっそう侘しい。)

懐かしい〜!

高校の古文「
伊勢物語」で習ったな〜!

そうか!この場所だったんだ!

在原業平は、東国に赴任するために、江戸の隅田川辺りまで来たので、隅田川の周辺には、言問橋、言問通り、
京成・業平橋駅などが地名として残っています。

しかし、残念なことに、業平橋駅は、
東京スカイツリー駅に駅名が変更になってしまいました!

歴史ある地名は、残して欲しいと思うのですが・・・



・来迎寺の一里塚

旧東海道の両側に左右一対の来迎寺の一里塚があります。

右側の塚の前には、右の写真の様に、公民館が建てられ、せっかくの一里塚が街道から見えません!

民家なら仕方ないけど、公民館なら、東海道でも珍しい貴重な左右一対の一里塚を意識して建てて欲しいと思います。(怒)



知立宿は、約500mの見事な「
知立の松並木」から始まります。

江戸時代には、松並木で馬市が行われたそうです。


(馬市の碑)

知立の松並木は、下の写真の様に、
並木の外側に更に道があります。



これは、馬市の時に
馬をつなぐためのスペースだったらしいです。

これは、広重の描いた右の
浮世絵の馬市の開催地として有名だったからだそうです。

小さくてよく見えませんが、中央の松の木の下に大勢の人々が集まり、値段を決めているみたいです。



”並木八丁”と呼ばれる松並木の中ほどに、右の写真の
馬の像があります。


松並木を抜けると、旧東海道は、国道一号の地下道をくぐり、国道の北側から南側に移ります。






知立神社

マムシ除けで有名だそうです。

う〜ん?現代では余りご利益なさそう・・・

江戸時代に、知立神社の池に住んでいた鯉や鮒が、「池鯉鮒(ちりゅう)→知立」の地名の由来だそうです。

下の写真の池の鯉の像が、
池鯉鮒(ちりゅう)の地名の由来を意味しているのでしょうか?


う〜ん!

難しい!、

どうしても”ちりゅう”とは読めません!

そう言えば、年末のテレビの”何これ珍百景”で、池鯉鮒さんの読み方クイズをやっていました。

知立神社には、着飾った七五三の親子連れがお参りしていました。



知立古城の跡

知立古城は、桶狭間の戦いで落城し、江戸時代には、将軍が東海道を移動する際のみに、休泊用の御殿として使われたそうです。









(総持寺)



(在原業平の像)


(八橋かきつばた園)



芭蕉の句碑

”かきつばた 我に発句の おもひあり” 





























(知立の松並木)

























名鉄本線の支線である名鉄三河線の踏切を渡ると、
知立宿の商店街が始まります。


知立といえば、「
あんまき」です。老舗の小松屋では、店頭でおじいさんが生地を焼いて、
若奥さんがアンを巻いて、お婆さんが表面に写真の「小松屋本家」の焼き印を押しています。

アンは白と黒の2種類です。

焼きたてのあんまきは、外はぱりぱり、中はもちもちにアンの甘さが加わり美味しいです。



旧東海道から少し南へ入った所に名鉄知立駅があり、本日はここで宿をとり、翌朝、8時前に知立をスタートし、間宿である有松宿を経由して鳴海宿へ向かいます。




翌朝、知立宿を抜けて、逢妻(あいづま)川を渡ると、国道1号と合流し、自動車や電子部品などの工場が点在します。

トラックの排気ガスに悩まされながら歩いていると、大きな音が工場のスピーカーから!
”ラジオ体操第一”です!

工員さん達の始業前の体操なのでしょうけど、
懐かしい〜音楽!

更に、西へ歩いてゆくと、尾張の国と三河の国の国境である「境橋」がありました。

川の土手で一休みして、水分を補給します。

川の土手に自転車を止めて、朝ご飯でしょうか、
オジサンが、オニギリを頬張っています。

オジサンと目が合ったので挨拶をすると、これから得意先回りを始めるところ、とのこと。

世間話をしたあとで、オジサンは、
”昨年は、ヒドイ年だったけど、今年は、あなたにとって、良い年であります様に!”
と言って、自転車を漕いで行きました。

オジサン、ありがとう!

国道一号との合流と分離を繰り返しながら、更に4キロ程進むと、急にトイレへ行きたくなりました・・・

この時期、昼間で晴れてはいても、風が身を切る様に冷たく、水分補給した水が汗で出ることはありません・・・

ちょうど、名鉄の前後駅の前後だったので(ダジャレ?)、駅のトイレを使おうかと思いましたが、切符を買わないと中に入れません・・・

駅の周りをウロウロしていると、駅の駐車場にトイレが

・・・助かった!

この時期は、水分補給よりもトイレの確保が優先でしょうか・・・












「境橋」










前後駅から、更に、1キロ余り歩いて、名鉄本線のガードをくぐると、すぐ左手が、桶狭間古戦場跡です。


この周辺は、「桶狭間」の古戦場だったところで、整備された小さいけれども綺麗な公園になっていました。

歴史上、最も華麗な逆転劇と言われる「桶狭間の戦い」の場所です。

1560年、今川義元が率いる大軍2万5千に対し、約十分の一の軍勢で挑んだ織田信長が、天候の急変を機に、この桶狭間で休息していた今川軍に奇襲をかけました。

今川義元は、あっけなく戦死し、織田軍が圧勝します。

この古戦場跡公園に、今川義元の墓がありました。

今川義元が、上の写真の木に、馬をつないで休息しているところを急襲され、討たれたそうです。

へ〜!

その木が残っているんだ!





この古戦場跡公園の向いの高徳院の階段を登ります。

境内には、写真の今川軍の本陣跡の石碑が建っています。

宅地開発が進んでいて、この辺り一帯が平地に見えたので、山の急斜面の下の桶狭間と言われても、ピンときませんでした。

でも、この高徳院の境内から見渡すと、確かに、古戦場跡公園が、周りの岡に囲まれた窪地になっている感じです。

織田信長が、この古戦場跡公園で休息していた今川軍に、奇襲をかけたときのイメージが湧いてきました!





更に、1キロ程歩くと、岡崎宿と鳴海宿の中間に位置する有松宿に着きました。


知立宿から有松宿までは約9キロです。

(知立宿から鳴海宿まで約11キロです。)




(今川義元が馬をつないだ木)


今川義元の墓




(高徳院)



38: 岡崎 へ

40-1:有松 へ
                          00:目次へ戻る