本文へジャンプ
48-2:鈴鹿峠


2012.3.1   2012.12.8

膝痛を抱えたままで、悲壮な覚悟で、坂下宿
を抜け、いよいよ鈴鹿峠に挑みます。

旧街道は、集落を通り過ぎると、山が深くなり、杉林の細い道になりました。

片山神社から右側に向って続く、所々に
石畳の残る写真の山道を登っていきます。



この
石畳が、「二十七曲がり」と呼ばれた
鈴鹿峠越えのスタート地点らしいです。



少し歩いてゆくと、国道1号の高架が見えて
来ました。



国道1号の高架をくぐり、坂を登っていきます。



坂がキツくなって息切れしてきました・・・

しかも、左足の膝の痛みが消えません・・・

でも、そんなことを言ってはいられません!

すぐに、国道1号の横の広場に出ると、更に、
広場の奥に階段の続きがありました。

痛む左膝を曲げないで、引きずる様にして、
階段を登ります。

この階段を登ると、芭蕉句碑がありました。

”ほっしんの 初にこゆる 鈴鹿山”



(一念発起して、旅に出ようと決心し、初めて
越えていくのが鈴鹿の山だ。)


下の写真は、馬の水飲み鉢です。




























坂道が終わると、突然、平らな杉林の
中に出ましたが、何と!ここが鈴鹿峠
でした。

難所・鈴鹿峠”の噂に怯えていましたが、来てみると、箱根峠に比べて、あまりに
楽だったので、拍子抜けしてしまいました。

え〜っ!もう、終わりなの?

早朝に関宿を出発したので、9時に峠に
着きました!

何だか、逆に、物足りない?

昔から、鈴鹿峠が難所だと言われていた
本当の理由は、実は、山賊だったらしい
です!

警護のついた皇女の行列すら、山賊に
襲われ身ぐるみ剥がされたということ
なので、一般の旅人にとっては恐怖の
鈴鹿峠越えだったのかも知れません。

東海道の旅は、山賊の被害が多かった
ので、町人でも旅をするときは、脇差しを
差すのを許された
そうです。

そうか、それで、
弥次さん喜多さんも
脇差し
を差しているんだ!

なるほど!



江戸時代には、鈴鹿峠に6軒の茶店が
軒を連ねていたそうですが、今は何も
残っていません。

鈴鹿峠は、伊勢の国(三重県)と
近江の国(滋賀県)の国境(県境)
です。



右の写真の県境の石碑から、左手の林の中に入ってゆくと、田村神社跡の碑が
建っています。



山賊を退治した坂上田村麻呂を祀った
田村神社は、現在は、土山宿の入口に
移動していますが、かっては、ここに
あったらしいです。



田村神社跡を更に林の奥へ入ってゆくと、写真の鏡岩があります。

鏡岩は、地殻変動により、珪石が断層
によってこすられ、地中からせり出した
岩が露出したもので、露出面が鏡の様に、ツルツルにつやが出た岩です。

昔、鈴鹿峠の山賊が、往来する
旅人の姿
をこの岩に映して、待ち伏せ
したそうです。

この岩に映った人影を見て、山賊が襲撃
していたそうです。

実際にこの鏡岩を見る前は、岩が鏡の
役割を果たすなんて、どうせマユツバの話
だと思っていましたが、現地の見晴らしの
良さと、鏡のツルツルの表面を見て半分
納得しました。

(写真には、ツルツルの感じが上手く
写っていませんが・・)

鏡岩から足元を見ると、膝がガタガタ
震えるくらい高い崖の上にあり、鈴鹿峠の
山道の全景が見降ろせます。

なるほど、ここで旅人を見張っておいて
襲撃したという話には納得です。



鈴鹿峠越えでは、
途中で人と一人も
会いませんでした。


季節のせいでしょうか、平日だからでしょうか、それとも、箱根峠東坂に比べて、鈴鹿峠を歩いて越える人が少ないのでしょうか?

峠から茶畑の中を、坂を下って行くと、
その茶畑の先に、右の写真の万人講
常夜燈、そしてその隣に、トイレと休憩所
がありました。

左足の膝の痛みが消えないので、少し
休んで膝の回復を待ちます。










(鈴鹿峠の国境の道標)




















旧東海道は、すぐに国道1号に合流します。

鈴鹿峠から土山宿まで、約6キロ、ほぼ国道1号に沿って、非常に緩やかな下り坂が続きます。

すぐ横を猛スピードで走り抜けるダンプの風圧に耐え、
膝痛の左足を引きずりながら歩きます・・・

国道1号の緩やかな下り坂の向こうに、土山宿の町並み
が見えてきました。



田村川の海道橋を渡り、やがて、道の駅・あいの土山に
到着です。



残り、JR貴生川駅まで、あと11キロ!

一歩歩くたびに、軽い膝の痛みが全身に走ります・・・

平地とはいえ、膝痛を抱えたままでは厳しい・・・


坂下宿から土山宿まで約10キロです。
















48-1:坂下 へ

49:  土山 へ
                    00:目次へ戻る