本文へジャンプ
51:石部宿


2012.3.12   2012.12.8

膝痛対策のフェイタスZも、貼ってから一定時間経つと効果が薄れるみたいで、夕方なると膝痛が再発します。

朝から、草津のビジネスホテルのバスタブに、ゆっくりと浸かって、膝を屈伸してから、フェイタスZを貼ります。

リュックの中身も最小限に減らして、少しでも、身体を軽くして、膝への負担を軽減します。


草津のビジネスホテルを出て、JR草津駅からJR草津線に乗り、
石部駅で降ります。

江戸時代には、”
京立ち 石部宿泊まり”と言われ、石部宿は、京から江戸に向かう旅人が最初に宿泊する宿だったそうです。


石部宿は、右下のい写真の様に落ち着いた町並みで、連子格子の古い家が点在し、往時の雰囲気を残す町ではありますが、
本陣などの遺構は何も残っていません。

石部宿には、東海道歴史民俗資料館がありますが、旧街道から約2キロ外れて歩かないといけないので、膝痛のためパスします。

写真は、広重の「
石部宿・田楽茶屋」をもとに再現された休息所です。

中に入って、写真の石部宿名物の「
いもつぶし」と、ぜんざいを注文します。

いもつぶしは、江戸時代からこの地域で親しまれていた“おやき風”の素朴なおやつです。

もともとは、小作農家が、売り物にならないサトイモの親イモと、くず米を炊いて潰し、丸く平らにして味噌などを付けて焼いたそうです。

外側はパリッと香ばしく、中はもちもちしています。

いもつぶし『 近江牛味噌そぼろ 』 200円、『 野菜煮込みあん 』 150円。

本来は具材を入れないそうですが、特産品として地元の農産物を使うことに こだわった、2種類の「新いもつぶし」です。

「近江牛」 と「善水寺味噌」を使った『 近江牛味噌そぼろ 』 と「下田なす」「弥平唐辛子」「朝国生姜」を使った『 野菜煮込みあん 』は、かぼちゃを練りこんで黄色く仕上げています。



旧街道沿いの田楽茶屋の少し先が、JR石部駅です。

駅の隣の観光案内書で、石部宿と草津宿の間の、詳細なルートマップを貰いました。

ここにしか置いてない感じの詳細な旧街道ウォーキング地図で、このレベルの分かり易い地図があると、53次踏破も楽なんですが・・・

各地の観光案内所で、最新で詳細なルートマップを手に入れて歩くのが、最良の53次踏破の方法かもしれません。


(石部駅







(休憩所)







(高札場跡)


(本陣跡)


(左の建物が駅の隣の観光案内所)


(東海道五十三次のレリーフ)





JR石部駅を過ぎると、いきなりピンチです!!

高速道路の工事中で、写真の様に、
旧街道の上を横切る様に、高速道路の高架の橋げたが・・・

迂回路の看板があり、
通行止めみたいです・・・

でも、迂回路の行く先の表示がないので、その先どうしたら良いのか、途方に暮れます・・・

迂回路の行く先で道に迷っても困るので、看板を無視して強行突破を試みます。

旧街道の周辺は、巨大な工事現場と化していましたが、道路工事のおじさんが、歩行者は通してくれました。

やれやれ・・・

やがて、旧街道の右手に、
近江富士と呼ばれる三上山(みかみやま)が見えます。


更に歩くと、
江戸時代の豪商の家である、写真の和中散(わちゅうさん)本舗がありました。

徳川家康が腹痛のとき、これを飲んだら直ちに治ったので、
家康が自ら和中散と名付けたそうです。

旧街道は、暫くの間、JR草津線と並行して進み、やがてJR手原駅です。

手原駅を過ぎると、旧街道は左へ大きくカーブして、JR草津線から分かれて進みます。

雲一つ無い晴天なのに、少しづつ雪が降り始めました?

間もなく、
青空から激しい雪が!?

何故?どこから?

そして、あっという間に、低い雲が空を覆い、10メートル先は何も見えない位の激しい吹雪に!!

昨晩、ホテルのテレビのローカル番組でやっていた、この地方の
”キツネの嫁入り”かな?    

慌てて、手原駅に戻り、JR線で草津駅に戻ります。

草津駅に着くと、再び晴天に・・・

再びJR線で手原駅へ戻り、ウォーキングを再開します。

今日は、これで半日を無駄にしてしまいました。

経験したことのないこの天候は、一体何だったんだろう?


フェイタスZのお陰で、一時的でしょうが、膝の痛みが消えています。


やがて、目川(めがわ)一里塚跡があり、その先に目川立場跡がありました。

目川は、東海道名物「
目川田楽」の田楽発祥の地です。








(三上山)














(手原駅)


























(目川一里塚跡)



(田楽発祥の地の碑)



旧街道は、水の無い旧草津川の土手沿いに進みますが、その下を国道1号やJRがトンネルで抜けるという奇妙な風景です。

(旧草津川の土手から下を覗くと、国道とJR線が・・・)

旧草津川は、江戸時代は、川底が民家の屋根よりも高い、代表的な天井川で、度々氾濫を繰り返し、草津宿にも大きな被害をもたらしていたそうです。

天井川になった原因は、比較的急流で下流部に土砂が堆積しやすいのと、田畑への引水のため堤防を築き、流路を固定してしまったからだそうです。

そため、順次、川の流れを、低く切り替えていったので、現在の旧草津川は水が流れていません。

旧草津川は、江戸時代は、歩いて渡り、増水すると人足の肩車で渡ったそうです。

草津川を渡ると草津宿に入ります。



石部宿から草津宿まで約12キロです。



(旧草津川の土手沿いに歩きます)


(旧草津川の土手から下を覗くと旧東海道が・・・)

(上の写真の土手から下りてみると・・・)



50-2:水口(資料館) へ

52:  草津 へ

                    00:目次へ戻る