本文へジャンプ
53-1:大津宿


2012.3.13    2012.12.8
いよいよ、東海道53次の「完全踏破の一人旅」も大詰めです!

さあ、最終ゴールの京都・三条大橋まで、
12キロを残すのみです!!

今日も膝痛は回復しないものの、フェイタスZを
貼って、気合いを入れて、草津の宿を出発
します。


昨日の続きを歩くため、JR草津駅から
石山駅
へ向かいます。


石山駅で降りて、ゆっくりと旅の最後の日を
噛みしめる様に歩き始めます。


石山駅から暫く歩くと、本多六万石の城下町、

膳所(ぜぜ)
に入ります。

膳所の
城下町特有の折れ曲がった道を進み
ます。

京阪・中ノ庄駅付近では、古い屋並みの背景に高層マンション群が見えます。

旧街道は、京阪電車の踏切で交差を繰り返し
ながら、ほぼ並行して大津宿の中心へ向かい
ます。


膳所(ぜぜ)の城下町を歩いていると、義仲寺
(ぎちゅうじ)がありました。

義仲寺の入口で写真を撮ろうとすると、また、
カメラのトラブルです!

今度は、”
SDカードが一杯です!”

携帯の写真という非常手段はありますが、
最後はキチンとした写真を撮りたいです。

SDカードを買おうと、辺りを見回すと、近くに、
西武百貨店と大津パルコがありましたが、
まだ開店1時間前です・・・

付近の商店街を歩きながら探すと、フジフィルムの小さな現像店がありました。

聞いた事のないメーカーのSDカードが1種類
だけありました。

カードを差し替えてスタートです。

次の旅行では、予備のSDカードを忘れない様にしよう!


DPE店から、再び、
義仲寺へ向かい、お寺の中へ入ります。

木曾義仲(きそよしなか)の愛人の巴御前
(ともえごぜん)が、義仲を供養したお寺です。

源平の戦いで、木曾義仲は、平家の大軍を
破って上洛しますが、都に居座ったことにより、
源頼朝に義経の軍勢を差し向けられ討たれ
ました。

この木曾義仲の墓のそばに、巴御前が草庵を
結んだのが義仲寺の始まりだそうでです。


(膳所の城門跡)




(膳所の城下町)





(義仲寺)

(義仲寺)

また、義仲寺には、
松尾芭蕉の墓
ありました。

へ〜、知らなかったな〜。

松尾芭蕉は、大坂で亡くなったあと、
その
遺言により、遺骸が木曾義仲の
墓の隣に葬られた
そうです。


義仲寺から、大津市街地の中心にある大津宿
へと向かいます。



旧街道沿いに、下の写真の
大津事件の碑
ありました。



大津事件は、明治24年に、日本を訪問中の

ロシア帝国皇太子
ニコライ2世が、警備に
あたっていた警察官に突然斬りつけられ
負傷した、
暗殺未遂事件です。


旧街道は、京阪電車の通りに当りますので、
ここから京阪電車に沿って左折すると、大津
本陣跡の碑があります。


現代のビジネス街の中心である県庁所在地の
繁華街に、
宿場町の町並みをそのまま
残しています。

こんな
繁華街の中に、よく残っているな〜
感心します。



旧街道の突き当たりが、大津宿の中心である
札の辻で、東海道と北国海道の分岐点です。










旧東海道は、この札の辻を、直角に左に曲がります。

直角に曲がった少し先を左に入ったところに、
膳所藩のお抱え御用料亭の老舗の
阪本屋
あります。



大津の名物は、この阪本屋で売っている
琵琶湖の鮒(ふな)寿司です。
(3,150円)



鮒ずしは保存食で、ご飯で長い間漬け込んだ魚の
漬物で、ドロドロになったご飯の方を捨てて、
魚の方を食べます。

でも、匂いと酸味が強烈なので、人によって好き嫌いが激しいらしいですが、やはり、江戸時代の食べ物
なのでしょう、現代人の私はそれほど美味しくは
感じませんでした。

阪本屋の近くに、大津宿本陣跡碑がありました。

少し歩くと、旧街道は、大津宿を抜け、蝉丸神社下社も前を過ぎるて、国道1号と合流します。

最後の難関、逢坂(おうさか)峠へ向かいます。












(
蝉丸神社下社)


(大津本陣跡の碑)



52:  草津 へ

53-2:逢坂峠 へ
                      
00:目次へ戻る