本文へジャンプ
09: 小 田 原 宿


2011.10.6  2012.4.21

小田急線・小田原→箱根湯本〜元箱根





酒匂川(さかわ)を渡ると小田原宿の表示があり、暫く歩くと江戸口見附跡がありました。

小田原は大都会です!

そして小田原は、城下町の雰囲気を残す街です。

旧東海道沿いの街の至る所に写真の様な小田原宿の町標の石碑があり、江戸時代からの町名の由来が良く分かり親切です。


旧東海道を、
小田原城を右手に見ながら歩きます。











浮世絵は、小田原の手前の酒匂川の川越えで、向こう岸が小田原、更に遠くの高い山が箱根山で、その下の写真が、現在の酒匂川です。


江戸時代の東海道は、川越えが多くて大変だったんですねえ!

現代人の我々は、無意識で橋を渡っていますけどねえ。

小田原は日本橋から80キロ、箱根関所を前にした旅人の2泊目の宿として繁盛したそうです。














童謡「お猿の駕籠屋」で有名な「小田原提灯」(おだわらじょうちん)は、江戸時代に小田原で発明されました。

当時の
大ヒット商品となったそうです。

これまでの楕円形とは異なり、
小型の折り畳み式でした。

円筒形の小田原ちょうちんは、早朝に出発する旅人の携帯に便利な必須グッズだったようです。

♪エッサ エッサ エッサホイ サッサ♪

♪お猿のかごやだ ホイサッサ♪

♪日暮(ひぐれ)れの山道 細い道♪

♪小田原提灯ぶらさげて

 ソレ♪

♪ヤットコ ドッコイ ホイサッサ♪



厳しい山道の箱根峠を越えて当日中に三島に着くために、
未だ暗いうちに、小田原提灯をぶらさげて、小田原を出発
する旅人の様子が目に浮かびます。


かまぼこを売る大きな店が並びます。

小田原名物は、ういろう、かまぼこ、梅干しです。

「ういろう」を売る店が、江戸時代から続く薬屋の前にありますが、元々は、
ういろうは、苦い薬を和らげるために薬と一緒に食べる様に作られたからだそうです!

右の写真の立派なお城の形をした老舗の”ういろう”屋さんでは、和菓子の”ういろう”と、薬の”ういろう”と両方を売っています。

ういろう”の由来は、創始者が”外朗(ういろう)”氏だっただからそうですが、読めない名字ですよね。









大久寺(だいきゅうじ)の境内には、北条氏が滅んだ後に小田原を支配した大久保一族の墓があります。








        (酒匂川)

















(お城の形をしたういろう屋)




暫く歩いていると、やがて、左手に綺麗な早川、右手が1号線と小田急の線路で、時々ロマンスカーが近くを走ります。

清流沿いの快適なハイキングコースです。

快適な気分で歩いていると、いつの間にか歩道の無い箱根新道に合流してしまいました?!

慌てて戻ります!

注意して歩いているつもりでしたが、非常に分かりにくいです!

箱根町は、歩く人の事も考えて分かり易い表示板を出して欲しいです!

小田原から箱根湯本までは、上り坂ではありますが意外と短い距離でした。



08: 大磯 へ 

10-1: 箱根東坂 へ
                      00: 目次へ戻る